カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

商品情報

来シーズン用のトラウトグリップ

来シーズン用のトラウトグリップ

来シーズンのトラウトグリップ   いよいよ渓流シーズンも終了間近。   朝晩は肌寒さを感じ、虫の鳴き声も秋らしくなり寂しさを感じております。   ヒトトキワークスのトラウトグリップですが有難いことにご好評をいただいており、今シーズンは欠品が長く続いてしまいご迷惑をお掛けしました...

被せ式ヘッドキャップを使用したフロントグリップ製作

被せ式ヘッドキャップを使用したフロントグリップ製作

被せ式ヘッドキャップを使用したフロントグリップ製作     ヒトトキワークスの上村です。   ここ最近は、開発中のガングリップをひたすらに研磨し、ついに左手が腱鞘炎で壊れました・・・。   回復するまで今しばらく休憩し、強制的にデスクワーク中心に。   ...

海外でもフェルール化カスタム!

海外でもフェルール化カスタム!

  既製品トラウトロッドのフェルール化   フランスのお客様 @crazybeardlureさんのカスタム紹介から。   4月頃、コロナウイルスの影響によりロックダウンとなっていたフランス。   自宅から出れないストレスの溜まる状況のなか、家の中でなんとか楽しみたいとのことで...

開発中の2ピースロッド【WICKMAN】でナイスなアマゴ

開発中の2ピースロッド【WICKMAN】でナイスなアマゴ

2021年新製品の2ピース渓流ロッド名は【WICKMAN】に決定!     現在4フィート7インチの2ピースロッドを開発中です!   前回のブログで開発コンセプトなどの詳細を説明させていただきましたが、低弾性ショートロッド【RUNTMAN】をベースにオープンエリアで使いやすく、仕...

塗装方法を変えた2種類のグリップ

塗装方法を変えた2種類のグリップ

  本来であれば、今シーズンにリリースする予定だったステイン塗装を施したトラウトハンドル。     塗装方法を変え、異なる雰囲気のグリップとなっています。   画像手前のグリップは、以前試作し既に何度か使用しています。   ▼試作した際のブログ &...

ブラックウッドを使用したスピニングモデルの製作

ブラックウッドを使用したスピニングモデルの製作

  こんにちは!   ヒトトキワークスのカミムラです。   ブラックウッドの材料がようやく入荷したこともあり、スピニングタイプのハンドルを少量ですが生産しました♪   もう少しでベイト用の金具パーツが入荷する予定ですので、ベイトタイプはもう少しお待ちくださいませ&l...

イーナンバープロダクツさんのウッドキャップ

イーナンバープロダクツさんのウッドキャップ

  こんにちは!   ヒトトキワークスのカミムラです。   現在、コルクグリップやウッドグリップを被せて使用できるグリップジョイントシステムの新型ヘッドキャップ開発を行っております!   先日余ったサンプル品をSNSでテスターの方を募り、無料配布させていただきました...

4’7”レングスの2ピース渓流ロッド開発中!!

4’7”レングスの2ピース渓流ロッド開発中!!

  4フィート7インチの2ピーストラウトロッドブランクが着弾   現在、ブランクス単体で121センチ、ヒトトキワークスの基本的なシングルハンドル235mmを取り付けると141センチ(約4フィート7インチ)のレングスとなる2ピース渓流ロッドを開発しております。   本日サンプルとな...

特集