渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

オリジナルルアーの開発プロジェクト始動#4

オリジナルルアーの開発プロジェクト始動#4

 

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

【3歩進んでは2歩下がる】

 

 

新たなアクションを生み出すルアー開発を行うにあたって、これ以上に当てはまる言葉など見当たらない。

 

 

開発を進めて時間が経てばたつほど、本当に理想のアクションに辿り着くのか?

 

 

時折、この不安に押しつぶされそうになる時もあります。

 

 

前回のブログはコチラ↓

オリジナルルアーの開発プロジェクト始動#3

 

 

ですが、SNSや周りからも多くのご期待の声が増えていくうちに、絶対に妥協したものは作りたくない!!

 

 

と果てしない完成までの道のりを楽しめてきています。

 

 

テスト釣行は生憎の雪・・・

 

もう4月になるのに・・・。

 

生憎の雪です。

 

 

 

 

下写真左の佐々木さんはかなりの雨男として知られており、毎回テスト釣行は雨・・・。

 

 

 

ついに雨を超えて雪になるとは。

 

佐々木さんのパワー恐るべしです^_^;

 

 

 

 

前回のテストモデルでかなりいい感触を掴めておりました。

 

 

ですが一点だけ気になる点があり、若干のフォールスピードが遅く、深いレンジもキープしにくい。

 

 

そのため、重心位置を僅かに下げるためにウェイトの構造を見直しました。

 

 

さらに前回はウェイトなどの内部パーツを調整しやすいようボディは仮止めで貼っている状態。

 

 

今回はそのボディをしっかりと接着しての実釣テスト。

 

 

まるで別のルアーに・・・(´;ω;`)

 

ボディを接着して、若干のアクションの修正をしてあとは実釣!(^^)!

 

 

さぁ!いよいよこのルアーでちゃんと釣りが出来る。

 

 

と意気揚々だったのですが、最初のスイミングテストでまさかの事実が発覚・・・。

 

 

ん??

 

 

全然アクションが変わってる・・・。

 

 

強いアクションでは横っ飛びするものの、細かいトゥイッチで出ていた水中ドッグウォーク感がかなり弱まっている。

 

 

何で??

 

 

色々と現場で調整していると分かった点が。

 

 

カウンターウェイト(ルアーの上部のウェイト)を貼ってみると、前回に近いアクションの雰囲気が微かに狭間見える。

 

 

重心を下げ過ぎてしまったか・・・。

 

 

現場の修正では限度があり、再度ウェイトの構造から見直さなければ、前回アクションを蘇らせることは出来ないと判断し、今回はそのまま実釣へ。

 

 

 

 

 

こんなにも気温が低い中でも、横スライドの動きは絶大で3人で釣りをしていても明らかに反応が違う。

 

 

 

 

綺麗なアマゴがたまらずバイトしまくってくれます。

 

 

今までにないアクションでの魚の反応が、あまりにも楽しすぎる!!

 

 

 

 

 

 

間違いなくヒトトキワークスを初めて、今までで一番の難題。

 

 

まだまだ道のりは遠い・・・。

 

 

ですがその壁を越えたときに、未知の世界が切り開けると信じて最高のルアーを生み出していきたいと思います。

 

 

今回の実釣テストはYOUTUBEでも公開しています!

 

 

是非、ご覧ください。

 

↓クリック↓

 

コメントは受け付けていません。