渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

オリジナルルアーの開発プロジェクト始動#1

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

インスタグラムではチョコチョコ投稿しておりましたが、ヒトトキワークスのオリジナルルアーを開発中。

 

 

しかもインジェクションモデル!

 

 

ルアー開発は初めての試みですが、何事もチャレンジしたい性格なので楽しみで仕方ないです!(^^)!

 

 

 

目指したのは狂ったほどのアクション

 

 

ヒトトキワークスのある静岡県周辺のフィールドは東北や北海道と異なり、とにかくプレッシャーの掛かっているフィールド。

 

 

ハイプレッシャーなフィールドでいかにトラウトの口を使わせるか・・・。

 

 

特に一昨年からはあらゆるメーカーさんのルアーを買い漁り、試して気付いたこと。

 

 

平打ちアクションの中でも流れやロッドワーク等の様々な条件が合った時だけ不意に生まれる横っ飛びアクションにスレきったトラウトでもスイッチが入りやすいこと。

 

 

はるか昔にミノーでは反応しないアマゴ達が、横スライド系メバル用ルアーで狂ったようにスイッチが入った実体験を思い出し、横っ飛びアクションの有効性は仮説から確証に変わっていきました。

 

 

メバル用ルアーでは動きが大きすぎかつ速すぎて中々フッキングに持ち込めませんでしたが・・・^_^;

 

 

 

この横っ飛びアクション。

 

 

分かりやすく言うと、ンシルベイトのドッグウォークのような横スライドの大きいアクション

 

 

ただこの横っ飛びアクションを人為的に生み出すのはほぼ世に出回っているルアーでは不可能・・・。

 

 

何とか、横っ飛びアクションを人為的に発生させるルアーは生み出せないのか?

 

 

ルアーメーカーさんの元へ

 

思い立ったらすぐに行動。

 

 

大手ルアーメーカーから独立され既にルアーメーカーとして活動されているプロフェッショナルな方の元へ相談に!

 

 

 

 

自分『横っ飛びアクションを人為的に生み出すことは可能なのか?』

 

 

デザイナーさん『物理的に不可能ではない・・・ただ・・・』

 

 

自分『ただ?』

 

 

デザイナーさん『万人受けしないかもね』

 

 

話しを聞いていくと、ただ巻きアクションのキレは弱くなるかもとのこと。

 

 

ただ巻き+時々の平打ちルアーは既製品で素晴らしいルアーが既に存在している。

 

 

イワナ系はそんなルアーでも十分口を使ってくれる。

 

 

今回開発するルアーの目的は、

 

①中々口を使ってくれないアマゴ(ヤマメ)のスイッチをいかに入れ

 

②そのスイッチを入れ続けれる

 

③そして口を使わせるタイミングを増やすこと。

 

 

それを実現するのが水中ドッグウォークであり、平打ち系ではなく横っ飛び系の新しいアクションのはず!!

 

 

ルアーのボディ、リップ形状、ラインアイ、ウェイトの調整によってどんなアクションになるのかレクチャーを受けました。

 

 

デザイン案を決定する

ロッドデザイナーでもある自分ですが、絵心は0どころかマイナスレベルの残念なスキルしか持ち合わせていない・・・。

 

 

理想のアクションを生み出しつつ、カッコいいデザインというものを試行錯誤しながらスタッフMINAさんとお絵描き!(^^)!

 

 

ヒトトキワークスらしい、イカツめなデザインにしてみました(笑)

 

 

 

 

デザイン案をもとに後日、ハンドメイドのプラスチック製ルアーが完成!!

 

 

 

 

アクションだけを見るためのものなので、塗装等は最低限となってます。

 

 

それでもカッコいいな。

 

 

果たしてちゃんと動いてくれるのか・・・?

 

 

実釣へ続く

コメントは受け付けていません。