渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

スケルトンシートでライトソルトロッド

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです!(^^)!

 

 

ハンドクラフトエキシビジョン2021の出店が無事に終わり、一段落したいところですが今週末の売り出しに向けて今年最後の追い込み中・・・^_^;

 

 

師走ということもあって皆さん同じ状況ですかね?

 

 

今年も残りわずかですが、頑張りましょう!!

 

 

スケルトンシートでライトソルトロッド

今回もお客様製作記です!

 

 

知り合いの方からスピニングロッドの製作を依頼されたとのことで、まずは自分用の試作機を製作。

 

 

そのお写真を頂きました。

 

 

 

グリップ周りは、スケルトンシートにグロップジョイントシステムを組み合わせた仕様。

 

 

富士工業のリールシートにグリップジョイントシステムを組み合わせたグリップの製作方法は過去ブログをご覧ください( `ー´)ノ

 

 

グリップの長さが可変式になるグリップ製作方法(ベイト編)

 

グリップ部分には何やら綺麗な装飾が!!

 

 

 

 

螺鈿細工のような装飾がオシャレすぎ!(^^)!

 

 

 

ブラックでまとめられたグリップにアクセントとなってカッコいいですね。

 

一度やってみたい装飾なんですよね~。

 

きっとフラットにするまでの仕上げ工程が大変なのは、簡単に予想できますね^_^;

 

 

 

 

ロッドはグラスソリッドを使用されています。

 

 

基本ソルトで使用されるとのことですが、グラスソリッドは汎用性がとにかく高いので様々な釣りに使えそうですね!

 

 

鱒レンジャーでマグロを釣った噂もあるぐらいなので、間違いなく無理は効く素材です。

 

 

 

 

ブランクスの塗装だけでなく、飾り巻きやネーム入れまでされるこだわりの詰まったロッドですね。

 

 

自作ならではの手の込んだロッド。

 

 

 

 

もちろんガイドのスレッド巻きも手が込んだ巻き方ですね。

 

飾りラインを上下に入れるのが、実は中々面倒な作業なんですよ!

 

 

 

試作レベルではない素敵なロッドに仕上がってますね^_^;

 

次回作も楽しみにしてます( `ー´)ノ

 

 

たくさんのお写真ありがとうございました!

 

 

コメントは受け付けていません。