渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

【お客様投稿】自作グラスソリッドでロッドビルディングに挑戦

 

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

今日は大谷翔平のオールスターをテレビ観戦するために仕事を一時中断します!笑

 

 

現在、グラスチューブラーブランクスの開発を行っています。

 

 

渓流 グラスチューブラーロッド

 

 

実は、結構前にもサンプルブランクスは出来上がっていたのですが・・・。

 

 

中々組立に取り掛かれておらず・・・。

 

 

完全に怠慢です(>_<)

 

 

4フィート弱と、5フィート弱のコンパクトな仕舞寸法を予定しているため持ち運びにも優れます。

 

 

4フィート弱のモデルは既にいい感じのアクション!(^^)!

 

 

5フィート弱のモデルは、ガイドもついていない状態だと少し納得いかない感じで、作り直しの予感・・・^_^;

 

 

実釣してみないと良いと思っていたアクションもダメだったり、逆のダメと思っていたアクションが良かったりすることもあります。

 

 

早々に組み立てて実釣テストへ向かいたいと思います。

 

 

【お客様投稿】自作グラスソリッドでロッドビルディングに挑戦

お客様より素敵な写真をたくさんいただきましたのでご紹介!!

 

 

自作用グラスソリッドをご購入いただき、ロッドビルディングに挑戦されました。

 

 

 

 

ガイドはストレート仕様。

 

 

※自作用グラスソリッドには、4フィート用ガイドセットにトップガイドはPLGST4.5-1.6を選択ください。

 

チタンガイド仕様でも問題ありませんが、チタンが生み出す【軽量】という恩恵はカーボンロッドに比べ、ブランクス自体の自重が大きいため恩恵を受けにくいかと思います。

 

 

 

 

バッドガイド上からブラック塗装されており、一見グラスロッドとは分からない見た目で完成度も高くなりますね。

 

 

 

 

 

ブランクスと相はスプレー系の塗装でも良いのですが、強度や伸縮性に優れたウレタン塗料ですと使い切らないといけなくなりコスパが悪くなるため、個人的には【しごき塗装】がオススメ。

 

 

今度、しごき塗装のやり方をご紹介させていただきます!

 

 

 

 

ネーム部分がとってもお洒落。

 

 

オリジナルのネームに加え、各箇所の飾り巻きもこだわったパターンで参考になります。

 

 

 

 

自作ロッドで実釣へ

自作ロッドが完成し、実釣にも行かれたとのことで釣行写真までいただきました。

 

 

 

 

やっぱり魚と一緒にオリジナルロッドと一緒に写真を収められると最高ですね。

 

 

今までの釣りとは比べ物にならない喜びを味わえたのではないかと思います。

 

 

 

 

タックルだけの写真だけでも釣行後ににやけてしまいそうです。笑

 

 

グリップにもよく合うカラーパターンですね!

 

 

 

 

こだわりのネーム部分も渓流の背景にマッチしていてお洒落度アップ!

 

 

 

 

たくさんの写真をありがとうございます!!

 

 

次回はカーボンロッドの組立てにもチャレンジしたいとのことで、楽しみにしております!(^^)!

関連情報

コメントは受け付けていません。