渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

4人での源流ルアー釣行

4人での源流ルアー釣行

 

 

こんにちは!!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

今回は久しぶりの大人数釣行。

 

 

4人での道中の車内はなんだか遠足気分でワクワクしてしまい、コンビニでおやつやら何やらを買い込んでしまいました^_^;

 

 

現流域へ入渓

 

隣の愛知県でも緊急事態宣言が出ているため、この日の目的は県内河川の源流域を調査です。

 

 

アマゴしか釣った事のない河川ですが、現流域にはイワナも居るとか居ないとか( ;∀;)

 

 

高巻きカ所多数、腰まで浸かって川を渡る箇所も多数の現流域ですが、ギャーギャー言いながらワイワイ登っていきます。

 

 

 

 

今回は、RUNTMAN(3’9”)組2人、WICKMAN(4’7”)組は自分も含め2人のタックルセレクト。

 

 

さらにスピニングとベイトと半々のチームになっていました!

 

 

 

 

自分は4’7”のウィックマンでベイト仕様。

 

 

釣り歩くほどに魚影が濃くなり、綺麗なアマゴが出迎えてくれました。

 

 

 

 

すぐにサイズアップの超綺麗なアマゴ。

 

 

この川のアマゴは本当に美しい。

 

 

 

 

新緑の季節で、渓相も最高。

 

 

こんな雰囲気の中で釣りが出来るなんて、幸せすぎる。

 

 

 

 

何とかチーム全員、釣果があり最高の一日となりました。

 

 

 

 

結局イワナらしき魚を目撃できませんでした。

 

 

実は、退渓ポイントにゲートがあり、ゲート上にはイワナが生息しているのでは??

 

 

どうしてもゲート上が気になってします( ;∀;)

 

 

近いうちにゲート上のポイントを調査してみたいです。

 

 

色々と源流遡行グッズを買い揃えなければ・・・。

コメントは受け付けていません。