渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

グリップジョイントシステムを使用したタイラバロッド

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

いよいよGWですね!(^^)!

 

 

自分は今月2回目の風邪を引いてしまい、それに加えて仕事も溜まり気味・・・^_^;

 

 

GWは到底釣り自体も行くことが出来そうになく、新しく建設中の新工房の内装作業を進めようかと思っています。

 

 

▼新工房兼事務所

 

 

 

 

お客様よりロッドビルディング写真を頂きました!

 

 

お客様より、グリップジョイントシステムを使用した自作タイラバロッドの写真のお便りが!

 

 

タイラバロッドらしく全身レッドなロッド。

 

 

ソルトロッドでコルクって世の中には少なく、個人的には好みです。

 

 

ソルトだとコルクは滑る!という方も多いですが、キャスティングゲームではないタイラバには関係なさそうですしね!(^^)!

 

 

 

 

なんと、エンドパーツはアルミを削り出しての自作品。

 

 

グリップも同様にストレートグリップを削り出して好みの形状にしたとのことです。

 

 

 

 

 

ブランクの塗装と、スレッドの色味、グリップの形状とマッチしています!(^^)!

 

 

格好いい仕上がり!!

 

 

しかも船に乗ったら、『何のロッド使ってるの??』と注目を浴びそうなオリジナル感です!

 

 

 

 

ブランクスは、マスレンジャーのnext SP50をカスタムし、ガイドはスパイラルガイドに設計したとのこと。

 

 

個人的にもキャストの必要性が薄く、落とし込むだけの船ロッドにスパイラルガイドセッティングは理にかなったセッティングだと思います。

 

 

それにしても良い曲がりしてますね~( `ー´)ノ

 

 

繊細なティップでタイラバには最高のロッドかもしれませんね!

 

 

 

 

飾り巻き部分の長い箇所って平滑にコーティングするのって非常に難しんですよ。

 

 

それを綺麗に仕上げられていて一番驚いた部分です。

 

 

皆さんと見る部分が違ってしまうかと思いますが、そういった部分にどうしても目が行ってしまいます^_^;

 

 

 

 

 

魚を掛けたらどんな使用感なのか、気になりますね!

 

 

是非、釣果写真もお待ちしています。

 

 

写真のご提供ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。