渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

WILD LURESさん開発中の渓流用ルアー

WILD LURESさん開発中の渓流用ルアー

 

こんにちは。

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

先日、WILD LURESさんの貝谷さんからご連絡がありました。

 

 

 

『今までバス用のビッグベイトをメインに作ってきましたが、そのノウハウを渓流ルアーに吹き込んだルアーを作ったので使ってみて欲しい』

 

 

 

一体どんなルアーなのか!?

 

 

 

非常に興味があり、自分なんかがお役に立てる事が少しでもあればということで快くお受けさせていただきました。

 

 

 

WILD LURESとは?

渓流専門のアングラーの方には、あまり聞きなれないメーカーさんかもしれません。

 

 

それもそのはず、主にバスフィッシングの世界でハンドメイドのビッグベイトを中心に手掛けるメーカーさんなのです。

 

 

特徴

何といっても、【薄身フラットボディ】のルアー。

 

 

ワイルドビート

出展:WILD LURES

 

 

このフラットボディがキレのあるアクションを生み、リアクションを誘発させます。

 

 

渓流用WILD BEAT50 

 

貝谷さんより、『ようやくルアー精度が上がってきたので、送りまーす』とご連絡が!

 

 

開封すると、カラフルで愛着の湧くデザイン性のルアーが(*’ω’*)

 

 

WILDLURES

 

 

一体どんなアクションを生み出すのだろう?

 

 

元々、バスフィッシングをやっていた時からジョインテッドクローの釣りが大好きで、渓流でもジョクロ70を使うことも多く、この時まではジョクロのようなフラフラアクションを想像していました・・・。

 

 

ワイルドルアーズ

 

 

アクションを確認しに現場へ

 

 

早速、次の日にアクションを確認しに近所の小渓流へ行ってきました。

 

 

状況は渇水気味・・・。

 

 

 

 

別で来ていた近所の shin2675さんも道中でばったり遭遇したため、短時間だけご一緒させていただきました。

 

 

 

その後、@mina.kamimura と2人でWildBeat50縛りでの釣りを開始。 

 

 

 

 

まずは、どんなアクションをするのかキャスト!!

 

 

スローシンキング気味に沈み、平打ちに近いウォブリングアクションにビックリ。

 

 

S字形のアクションを予想していただけに、リアクション系のアクションに大きな声をあげてしまいました^_^;

 

 

トラウトにピッタリなアクション。

 

 

しかもステイの間を作れる唯一無二のルアー!!

 

 

かなりの感動を覚えたと同時に、今までの渓流ルアーに足りなかったステイと切れのアクションを組み合わせたバスのビッグベイト的な使い方ができることに、自分が求めていた新しい引き出しが増えた感覚でした。

 

 

浅場でのアクション動画を撮影しましたのでご覧ください。↓

 

 

 

 

釣りの方はというと、1時間ほど釣り上がったのですが、全く反応なく・・・。

 

 

 

 

 

そそくさにカップラーメンタイム。

 

 

 

 

コーヒーを飲みながら、新緑の芽生えと鳥の囀りを聞きながら長時間待ったりしてしまいました・・・^_^;

 

 

 

 

猫舌の自分には、淹れたてのコーヒーは注意が必要です( ;∀;)

 

 

 

 

さぁ午後の部開始!!

 

 

 

 

といっても時間がないので、ちょこっとだけ調査。

 

 

相変わらず反応はなく、ここで最後にしようと、ちょっとした堰堤下の落ち込みにモンスタークラスのチェイスが( ゚Д゚)

 

 

2回ほど姿を現した後、バイトに持ち込むことが出来ました!!

 

 

WildBeat50を反転流に流し込んで、中層でステイ+アクションで誘うと面白いように反応してくれました。

 

 

興奮のバイトシーンも撮影できましたので、是非。↓

 

 

 

 

グラスロッドのため、口の硬いモンスタークラスをフッキングまで持ち込むことはできませんでしたが、何より一番の収穫は新しいカテゴリのルアーによって釣りの引き出しが増えたことです。

 

 

まだまだこのルアーの性能を引き出すために、さらに使い込んでいき渓流ルアーの釣りをさらに楽しんでいきたいと思います。

 

関連情報

コメントは受け付けていません。