渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

自作用グラスソリッドロッドでレインボートラウト!

 

 

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

本日は、ヒトトキワークスの塗装担当でもあるKEI氏といつもの天竜川へ行ってきました。

 

 

自分は、年間シーズン券を購入済みですが、KEI氏の日券を購入するため、道中のコンビニで日釣券を購入!

 

 

 

 

C&Rの日釣券は1,000円だったんですね^_^;

 

 

2,000円だと勘違いしていました・・・。

 

 

今回は、自作用グラスソリッドでの釣行。

 

 

最近は、渓流専用に設計したグラスソリッドをご好評いただき、その噂が広まったことでご注文が急増中 m(__)m

 

 

そんな中、『どんなアクションなのか?』

 

 

といったお問い合わせをいただくことも多く、グラスソリッドを実際に使用した動画を撮るのが手っ取り早い!!

 

 

ということで、グラスソリッドロッドを選択しました。

 

 

今回使用したグラスソリッドロッドは、源流域での使用もメインに考え、バット部を10cmカットした仕様。

 

 

 

 

結果はというと、何とか40センチアップのニジマスを掛けることができました!

 

 

2.2g~5gまでのスプーンをメインに使用しましたが、やっぱりメチャクチャ使いやすい。

 

 

一般的なペナンペナンなグラスロッドと異なり、キャスト時はしっかりとしなるものの、ルアー操作時はシャキッとしていて普段カーボンロッドを使用している方でも、違和感なく使用できるかと思います。

 

 

では動画をどうぞ↓

 

 

 

動画では、2.2gのスプーンを使用しています。

 

 

レインボートラウトの激しいファイトにも、グラス特有の粘りによって追従し、バラしにくさが見てわかるかと思います。

 

 

その性能はカーボンロッドを上回ります。

 

 

特にスプーンの釣りには最高ですね。

 

 

ですが、グラス素材はミノーの激しいトゥイッチが難しく、飛距離、感度、自重といった部分でもカーボンロッドよりも劣ります。

 

 

その劣る部分を最小限に抑えれるような設計にこだわったロッド自作用ブランクスとなっています!

 

 

しかも経済的なところが嬉しい部分!

 

 

自作用渓流ルアー専用グラスソリッド 1000mm

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集