渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

ラントマンで56センチのアメマス!

 

こんにちは!

 

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

お客様より雨鱒の釣果情報を頂きました!

 

 

アメマスは、エゾイワナの降海型で海と河川を行き来するパワーファイター。

 

 

自分も過去に一回だけ行った北海道旅行で、アメマスの55センチをキャッチしましたが、ファイトは尋常ではなくフックも少し伸ばされてしまいました^_^;

 

 

4年ほど前のため、ロッドはもちろんラントマンではなく、アジングロッドのブランクで自作したロッドでした。

 

 

 

ラントマンで56センチのアメマス!

 

ついにラントマンで56センチのアメマスをキャッチされたとのことで、釣果写真を頂きました!

 

 

写真提供は、北海道の @ta_10_06 さん。

 

 

いつも写真頂きありがとうございます_(._.)_

 

 

 

それではアメマスの写真を。

 

 

 

『ドーーーーンッ!!』

 

 

アメマス

 

 

とんでもなくデカい!!

 

 

ショートロッドのラントマンと並べると、ロッドの半分近くまでになっている魚体は迫力が違いますね。

 

 

尻尾も大きくパワフルなファイトが想像できます。

 

 

 

 

 

口元もカッコ良く、ワイルドな顔つきのアメマス。

 

 

 

 

そして、この太さ!!

 

 

コンディション抜群の魚体で、ファイトも強烈でストラクチャー周りでのやり取りになったことですが、ラントマンのバットパワーでねじ伏せたようです!!

 

 

恐るべきラントマンのロッド性能です。

 

 

ショートレングスによる取り回しの良さ、低弾性カーボン+ミディアムアクションによるピンスポットにバンバン打ち込めるキャスト性能を持ちながらルアー操作、パワーにも優れ、渓流ルアーロッドの全てを高次元に兼ね備えるラントマンは、今週11/28(土)に予約受付開始です!

 

 

是非、この短さで50センチ以上のトラウトを掛けたら相当面白いだろうな~(>_<)

 

 

来年こそは絶対に北海道に行けるように計画しよっと。

 

 

 

▼ラントマンの詳しいページはコチラ

 

関連情報

コメントは受け付けていません。