渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

被せ式ヘッドキャップを使用したフロントグリップ製作

被せ式ヘッドキャップを使用したフロントグリップ製作

 

 

ヒトトキワークスの上村です。

 

ここ最近は、開発中のガングリップをひたすらに研磨し、ついに左手が腱鞘炎で壊れました・・・。

 

回復するまで今しばらく休憩し、強制的にデスクワーク中心に。

 

そんな中お客様より、ロッドビルディング画像を頂きましたのでご紹介します!

 

 

被せ式キャップを使用したウッドグリップ

 

以前、余分に入荷してしまったグリップジョイントシステムの被せ式キャップ。

 

多くの方から使用感をいただくために、テスターさんを募りました。

 

▼試作品入荷のブログ

 

グリップジョイントシステムの被せ式キャップを試作

 

一つのサンプルは、オーダーメイドのグリップ製作を行っている@artisan_handiworksさんの元へお届けしました!

 

@artisan_handiworksさんは、『ぐりっぷだもの』の色紙をバックにハンドメイドのグリップを投稿するのがトレードマークの職人さん。

 

被せ式のヘッドキャップを使用してフロントグリップを製作したと写真を頂きました!

 

 

なんと、偶然にもストックルアーズさんのオフセットハンドルにヘッドキャップがピッタリと適合することを発見したとのことで、ウォルナットを使用してグリップを製作されています。

 

まさか適合するものがあるとは・・・驚きです。

 

@artisan_handiworksさんのグリップ製作の幅が広がってくれそうで嬉しい発見です!

 

フロントグリップがウッドになることで、個性が倍増ですね。

 

色々な発見があって本当に面白い!

 

一人で開発を行っていたら、なかなか気付かなかった発見です。

 

テスターさんを募り商品開発にご協力いただき、本当に良かったと心から思いました。

 

写真のご提供ありがとうございます<(_ _)>

 

 

被せ式ヘッドキャップを使用したコルクグリップ

 

SNSでは被せ式ヘッドキャップを使用し一番最初に画像をいただき、すぐに投稿させていただきました @intense02m1さんのご紹介です。

 

@intense02m1さんは、ルアーもフライも、ロッドビルディングもこなしトラウトフィッシングをとことん楽しんでいるアングラーさんです。

 

ブログではまだ紹介できていなかったため、ご紹介させていただきます。

 

 

 

被せ式ヘッドキャップは、富士工業のフードパイプKN16(KDPS16)と同じ外径に設計してあります。

 

KN16(KDPS16)

 

もちろん、被せ式ヘッドキャップ専用のグリップもリリース予定ですが、KN16に適合するグリップはたくさん市販されていますので、そちらも装着可能です!

 

@intense02m1さんは、ジャストエースさんのコルクグリップを取り付けされました!

 

 

 

ジャストエースさんの製品は品質も良く、個人的にもお勧めなメーカーさんです。

 

ジャストエースさんの方とも前職の際は大変お世話になっており、ロッドビルディングを広めるためにあーでもないこーでもないと唯一熱く語れる相談相手でもありました。笑

 

ロッドビルディングを世に広めるために情報発信にも力を入れていて製品だけでなく、良い社長とスタッフさんが揃った素晴らしい先輩メーカーさんです。

 

ジャストエースのコルクグリップをヘッドキャップ長さに合わせてカットし、エッジをテーパーに成形したフロントグリップを製作されました。

 

 

 

自分の発想にもなかったのが、下記画像の部分。

 

ヘッドキャップの先端フラット部分と面一になるように成型されています。

 

 

 

面一設計によって、アルミインナーフェルールを取り付けた際に完全フラットになるカッコいいスタイルのグリップに!

 

RUNTMANとの写真もカッコいいです!

 

 

 

製作の様子は@intense02m1さんのブログで詳しく説明されていますので、是非ともご覧ください!

 

 

 

@intence02m1さんの製作ブログ

 

 

@intense02m1さんのアイデアをもとに被せ式ヘッドキャップ専用グリップの設計を変更!

 

面一グリップにして、専用グリップの開発を進めております。

 

参考になるアイデアをありがとうございました。

 

今回初めてサンプリングを行い、当初はこんなにも色々なアイデアや発見があるとは正直思っていませんでした。

 

今後も新たな機能的パーツを世にリリースする際は、お客様参加型の商品開発をできるだけ行っていきたいと改めて思いました。

 

皆様、貴重なアイデア、ご意見と発見をありがとうございました<(_ _)>

 

改めてお礼申し上げます。

 

いよいよ、キャップ単品の製品は来週ぐらいに入荷する予定です。

 

専用グリップは、もう少し時間が掛かりそうです。

 

是非、ご期待ください!

 

 

コメントは受け付けていません。

特集