カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

グリップジョイントシステムの被せ式キャップを試作

 

チャンピオンフェルール(チャック部分外径が9~9.3mm規格)のついたロッドとグリップを脱着可能にするグリップジョイントシステム。

 

▼グリップジョイントシステムの詳しい説明はコチラ

 

 

 

グリップ被せ式のキャップを開発

 

今までは、ローレット加工の入ったタイプのキャップだけのラインナップでしたが、コルクやウッドグリップを被せて使用できるようなキャップが欲しいとのご要望も多数頂いていたこともあり、開発に取り掛かりました。

 

設計をしている最中は、割と好きな時間ですが妄想が膨らみ過ぎて、あれもこれも欲が出過ぎてしまい最終的に何がしたいんだか自分でもよく分からなくなる時があるので注意が必要。(笑)

 

力の掛かる箇所なので、接着剤のアンカーラインだけ多めに入れたシンプルな設計にしました。

 

 

持った瞬間、あまりの軽さにビックリ!!

 

「えっ?軽ッ!!」

 

9グラムを切るほど超軽量になった嬉しい誤算でした。

 

 

 

KN16(KDPS16)規格で設計

 

被せ式の新型キャップは、富士工業のフードパイプナットKN16(KDPS16)とほぼ同じ外径の20.4mmに設計。

 

そのため、市販品で販売されているKN16用の専用グリップが取り付け可能に。

 

ただ、パイプ部分の長さが31mmと少し長いため、ショートタイプのグリップは隙間が生じるかもしれません。

 

ちなみにヒトトキワークスでもコルクタイプ、ウッドタイプの2種類を今後発売する予定です。

 

 

 

キャップエンドのストッパー部分は、24ミリ外径に設計しました。

 

コルクやウッドの切断部が露出するのが、個人的にはダサいと感じているので、このストッパーが隠してくれるように設計。

 

あとは、飾りリングのような役割にもなって、さらにデザイン性が向上するはずです!

 

 

 

サンプル試供品を提供しお客様の生の声を募集

 

実は2個だけサンプル生産を依頼したのだが、何故か10個も納品・・・汗

 

これ使い道ないよな・・・。

 

どうせ眠らせておくよりもお客様に実際に使用していただき、みんなでテストして良いものを作ろう!

 

ということで、急遽SNSでテスターさん募集を行いました。

 

平日の午前中という時間帯でしたが、開始30分ほどで終了( ;∀;)

 

募集人数に間に合わなかった方、申し訳ありませんでした<(_ _)>

 

製品化モデルが販売されるまで今しばらくお待ちくださいませ。

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集

カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.