渓流用トラウトロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオンフェルール化されたロッドを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用した渓流用トラウトハンドル、低弾性ロッド、パックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

ガイドスレッド(糸)の巻き方

 

こんにちは!

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

 

今日は、スレッドの基本的な巻き方についてご紹介します♪

 

 

分かりやすいように太い糸で説明させていただきます。

 

 

ガイドスレッド(糸)の巻き方

 

今回はガイドは用意せず、ガイドを固定するスレッドの巻き始めと巻き終わりを分かりやすく説明させていただきます。

 

スレッドの巻き始め処理方法

 

スレッドの巻き始める際の処理方法を説明します。

 

手順1  

糸の端を左手の人差し指で押さえながら、左手を回転させ巻き始めます。

 

 

 

手順2

スレッドが一周したらメインスレッドを上側にクロスさせ、端の糸を巻き込む形で巻いていきます。

 

 

 

▼動画で説明▼

 

手順3

メインスレッドを3周ほどさせたらスレッドは摩擦で十分固定されるため、左手の押さえを離して余分な端の糸をハサミでカットします。

 

 

 

スレッドの巻き終わり処理方法

 

スレッドを巻き終える処理方法を説明します。

 

手順4

 

巻き終わり位置から3ミリほど手前の位置まで巻いたらスレッドを10センチほどにカットし、抜き糸を作り用意します。

 

 

手順5

 

抜き糸を挟み込みながら、巻き終わり位置までスレッドを巻いていきます。

 

 

 

▼動画で説明▼

 

手順6

 

巻き終わり位置までスレッドを巻いたら、抜き糸の輪にメインラインを通します。

 

 

 

手順7

抜き糸の輪が無くなるまで引っ張ります。

 

 

 

▼動画で説明▼

 

手順8

メインスレッドの余りをギリギリまでハサミでカットします。

 

 

 

手順9

左手で、押さえながら抜き糸を斜め右下に引き抜きます。

 

 

 

手順10

 

完成!!

 

 

 

▼動画で説明▼

 

 

以上がスレッド巻きの基本的な方法です。

 

飾り巻きやガイドの糸巻きは、今回紹介した基本的な巻き方を行っていきます。

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集