カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

未知のエリアへ渓流探索

こんにちは!

 

ヒトトキワークスのカミムラです。

 

渓流ルアーフィッシングをしていると、「もっと魚が釣れる場所はないものか?」

 

 

と、未知のエリアを探索するのも楽しみの一つだと思います。

 

 

初めての河川は、釣り歩く際も「次はどんなポイントが待っているのだろうか・・・」とワクワクしますね。

 

 

そんなワクワクを求め、ご近所アングラーのお客様と未知のエリアを開拓することになりました!!

 

 

佐久間ダム漁協の天竜川支流へ

 

今回、探索するポイントは佐久間ダム漁協管轄の天竜川に差し込む支流。

 

 

日釣券は500円でした。

 

 

今回入渓する川は、放流はほとんど行ってないらしいですが「アマゴは居るはずだよー」と日釣券販売の店主から情報を頂きました。

 

 

いざ川へ向かうと、支流というか里川ですね。

 

 

 

 

なぜこの場所に来ることになったかというと、ご近所アングラーの友人がこの支流の川沿いに住んでおり、釣りはしない方ですが「ヤマメの楽園だよ!」と情報を頂きこの場所を調査する流れとなりました。

 

そもそも東海エリアにはヤマメは生息しませんが。笑

 

釣り人以外は、アマゴ=ヤマメですからね。

 

 

川に入ると砂地で水がとにかく綺麗。

 

 

釣り歩くだけで気持ちが良い渓相です。

 

 

さぁいよいよ釣りスタートです!

 

 

釣り始めると小型ですが、すぐに魚影が!

 

 

これは期待できそう!!!!

 

 

期待通り、すぐにヒット。

 

 

 

15センチほどの小型のアマゴでしたが、綺麗な川で生息するだけあって綺麗な魚体でした。

 

 

小型の魚は本当にたくさんいますが、小さすぎてルアーにはアタックしきれていないです・・。

 

 

同行者のお客様も小型のアマゴを!

 

 

亜細亜でも綺麗なアマゴをゲットしましたよ!

 

 

 

ポイント移動を行って2カ所ほど探索しましたが、小型のアマゴのみだったためお昼休憩を挟んで、天竜川本流の大型のアマゴを狙うことに!

 

 

本流では大型アマゴの情報もあり、期待して本流に向かいました。

 

 

流れの落ち込みをスプーンで狙うと、「ゴンッ!!」

 

 

あまりの強烈な引き!

 

 

トラウトの引きではない・・・。

 

 

とにかく強烈なRUNが凄すぎる。

 

 

それでもRUNTMANの低弾性+肉厚カーボンの粘りのあるバットパワーによって余裕でねじ伏せることが出来ました!

 

 

上がってきたのは、コヤツ!!

 

 

スモールマウス君。

 

 

40アップのモンスターでした。

 

 

 

昔は東海エリアではお目に掛からない魚でしたが、最近は生息域を広げ身近なところで釣れてしまいます・・。

 

 

大型アマゴには出会えませんでしたが、RUNTMANのパワーを確認するのには良い機会になったかな。

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集