カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

エポキシコーティングが上手くいかない理由

こんばんは。

 

ヒトトキワークスの上村(カミムラ)です。

 

いつも日をまたぎそうな時間にブログアップとなります・・。

 

今日は、お問い合わせいただいた内容についてお答えします!

 

 

 

エポキシコーティングが上手くいかない理由

 

今日お問い合わせいただいた内容「エポキシコーティングが上手くいかず困っています・・・」

 

自分も過去に同じことで悩んだ経験があります・・・。

 

せっかく綺麗にガイドをスレッド巻きしても、コーティングが上手くいかないと台無しです・・・。

 

結論から言うと一番多い理由は「コーティング剤が悪い!」です。

 

この理由が8割以上だと思います。

 

その他の理由は下記の通り。

 

・計量が正確でない → 硬化しにくい

・撹拌が足りない → 硬化しにくい

・気温が低い → 硬化しにくい

・湿気が高い → 白濁しやすい

・厚塗りしすぎ → 気泡が入りやすく形が整いにくい

・アルコールランプであぶらない → 形が綺麗に整いにくい

 

上記のその他の理由も、良いコーティング剤を使用するとカバーできてしまうことが多いのです!

 

自分もコーティングがどうしても綺麗な形にならなかったり、はじいてしまったり・・・。

 

様々なやり方を変えても解決せず、最後の手段でコーティング剤を変えたら簡単に解決した経験があります(;O;)

 

 

ヒトトキワークスがおすすめするエポキシコーティング剤

 

どのエポキシコーティング剤が良いのか?

 

ヒトトキワークスの愛用するエポキシコーティング剤は「パシフィックベイ社のロッドスミス」!!

 

 

コーティング剤の中には、主剤1に対して硬化剤0.8というややこしい商品も存在するが、この商品は1:1の配合で使用するタイプ。

 

特徴は・・・

 

・多少軽量に不備があっても硬化する!

・黄変しにくい!

・柔軟性が高く、硬化後に亀裂が入りにくい!

・コーティングが綺麗にできる!

 

高価なところがデメリットですが、そこまで消耗するものでもなく高いだけあるコーティング剤なのでおススメです!

 

 

ガイド巻き完了し、コーティング中のロッド

 

ちょうどオーダー品でコーティング中のロッドがありますので、コーティングの画像をお見せします。

 

 

筆塗りである程度形を整えて、アルコールランプであぶると勝手に綺麗な形を形成してくれます。

 

3~4回に分けて薄塗りを繰り返せば、基本的に失敗はないはずです。

 

コーティングで悩んでいる方は、是非参考にしてください!

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集