カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

渓流用トラウトルアーのオリジナルカラーが決定!!

渓流用トラウトルアーのオリジナルカラーが決定!

 

長野県にある樹屋万水さんとのコラボ企画!

 

ヒトトキワークスオリジナルカラーの渓流用ハンドメイドルアー開発プロジェクト。

 

前回は顔のデザインや開発予定のカラーのイメージを紹介させていただきました。

 

オリジナルカラーの渓流ルアー開発プロジェクトが始動!

 

今回はカラーがついに決定し、実際に完成品となる塗装まで仕上げたため、ご紹介します。

 

 

ブラックシャドーで囲ったグラデーションのルアーたち

 

樹屋万水さんの飯森さんと打ち合わせを行い、リリースする3色が決定しました。

 

ヒトトキワークスのカスタム塗装グリップにも採用しているブラックシャドー。

 

カルカッタコンクエストBFS

 

ヒトトキワークスらしく全てのルアーカラーをブラックシャドーで囲んだ塗装方法で3色のカラーを塗装してもらいました。

 

 

レッドのグラデーションカラー

 

秋鱒をイメージした外すことの出来ないレッドを上部半分をグラデーションでレッドに塗装し、下部はアルミ貼りのシルバーを残したデザインに。

 

パーマークはレッドとメリハリをつけるためにも濃いめのパープルを取り入れ、深みのある色味のデザインに仕上がりました。

 

レッドグラデーション塗装

 

 

チャートのグラデーションカラー

 

視認性もよく、ヒトトキワークス上村も大好きなチャートカラー。

 

濁りや日光の照量が少なくてもアピールでき、高活性な魚を狙う際にも重宝しています。

 

パーマークは薄めのパープルで仕上げました。

 

こちらもブラックシャドーでボディを囲み、さらにチャートのグラデーションにしているため、そこまでアピールが強すぎず弱すぎずな、パイロットルアーとして使用できるカラーとなっています。

 

チャートバックルアー

 

 

シースルーブラックカラー

 

3色目はシースルーブラックの男らしいデザインに、パーマークは思いっきり遊んでピンクを入れてみました。

 

ヒトトキワークスのイメージカラーとしているブラックをできるだけ多く使用。

 

渓流用ハンドメイドミノー

 

このカラーだけは、特にこのカラー!って決めていた訳でもなく、漠然としていた作りたいイメージのカラーを飯森さんと打ち合わせをしながら決めたカラー。

 

出来上がるまでは心配していたカラーですが、一番好きなカラーかも!!

 

 

 

ヒトトキワークスのロゴをモチーフにした顔デザイン

 

前回も紹介しましたが、ヒトトキワークスのちょい悪トラウト君をモチーフにした顔のデザイン。

 

実際にルアーに貼ってみるとイカつさの中にも遊び心が溢れており、愛らしい顔になっています。

 

目の形はヒトトキワークスの目のままですが、樹屋万水さんの特徴でもある♡を反対側に取り入れ左右非対称のデザインになっています。

 

渓流トラウト用ハンドメイドミノー

渓流用トラウトルアー

 

 

ヘッド部はシースルーブラックだけチャートを入れて視認性向上

一番視認性の低いシースルーブラックだけは、ヘッド部分にチャートを入れてあります。

 

 

チャートとレッドのグラデーションカラーは、視認性もあるためシンプルさを重視してチャートは入れていません。

 

 

販売時期は6月を予定

 

現在、カラーが決定し最終工程の塗装を仕上げている最中となります。

 

6月には販売を開始する予定となっておりますので、発売まで今しばらくお待ちください。

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集