カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

渓流用トラウトハンドルのご注文

渓流トラウトハンドルのご注文

 

ヒトトキワークスの上村(カミムラ)です!

 

現在、ありがたいことにトラウトハンドルのご注文が集中しております。

 

本当にありがとうございます。

 

コロナウイルスで世の中が大変な中、仕事がある有難みを日々感じております。

 

 

今日の朝の部で製作したハンドル。

 

大体午前の部、午後の部で各4本ずつの合計8本を生産するルーティーン。

 

これ以上の生産をすることも可能ですが、どうしても失敗のリスクが高まるのと飽きてしまうこともあり、これ以上の生産はしないようにしています 笑

 

全く作業しない日も、もちろんあります。

 

過去に完成間近の製品をドミノ倒しのように倒し、製品すべてを傷つけてしまった日は即終了しましたね!

 

次の日に製品を置いて保管できる治具を作ったことで、そのようなミスはなくなり今では良い経験です。

 

 

接着待ちや空いた時間にオーダー分のロッド製作、チャット打ち合わせや、問い合わせ返信、発送業務、デスクワークをしている今日この頃です。

 

 

渓流ベイトフィネスの人気

 

想定以上のご注文により、作業も溜まっていただけでなくあらゆる部材が不足する事態に・・・。

 

シーズン前は溢れるほど在庫していた部材も、気づいた時には「あれ?今のオーダー分でなくなる?」

 

作業をこなしながら工場に半泣き状態でお願いをして、最速で納品の依頼を。

 

不足させてしまった部材の一つはベイト用のトリガー部品。

 

連休中に既に入荷し、たくさんの在庫を持っています。

 

 

トラウトハンドルのオーダー8割以上がベイトタイプです。

 

スピニングで渓流ルアーを楽しむ方は本当に少ないと実感しますね。

 

 

リールシート用のバールウッド素材

 

不足させてしまった部材のもう一つは、リールシート用のバールウッド。

 

 

一番人気のウッドで、こちらもシーズン前は在庫をどっさり持っていたのに・・・。

 

こちらは、現在生産中で6月には入荷する予定です。

 

リールシート、グリップともにバールウッドにして注文される方が多く、ほぼ毎日必ず作るグリップになっています!

 

トラウトハンドル用のバールウッド

 

コロナウイルスの影響で大人気となった、簡単製作できるグリップキットでも使用しており消化スピードが上がってしまったことも欠品要因のひとつ。

 

最近は、いかに部材を欠品させないかが課題であります”(-“”-)”

 

5/7時点で現在ご注文いただいている分は発送可能となりますので、順次発送させていただきますので今しばらくお待ちください<(_ _)>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集