カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

外出自粛中の楽しみ方!!お客様画像提供のフジグリップカスタム製作

新型コロナウイルスで外出自粛中の釣りの楽しみ方

 

外出自粛中で外に出られない状況ですね。

 

本当に困ったものです。

 

少しでも早く終息に向かってもらうためにも我慢の時です。

 

 

ロッドビルディングでステイホームを楽しもう

 

ヒトトキワークスでは室内で楽しめるロッド製作に必要なロッドビルディングパーツを多数扱っています。

 

 

こんな時にヒトトキワークスが役に立てることは、ロッドビルディングの楽しさを伝えることぐらいかと思っています。

 

釣りは、釣りに出かけることが楽しみ方ではありません!!

 

家でも釣りは楽しむことはできますよ。

 

 

 

お客様からロッドビルディングにチャレンジした写真を頂きました

 

「外出できなくて暇だから、グリップ作ったよーーー!」

 

先日当店の看板商品でもある「グリップジョイントシステム」を購入されたお客様より、自作グリップ製作にチャレンジした写真を頂きましたのでご紹介します!

 

 

富士工業のオフセットグリップ「フジグリップ」を使用

 

ベースとなっているのはクラシックなオフセットグリップ

 

フジグリップは今でも愛用者が多いですね。

 

樹脂製なので軽さが良いのでしょう。

 

そのフジグリップを大改造して「グリップジョイントシステム」を埋め込み、チャンピオンフェルールを掴めるようにカスタムされています!

 

脱着グリップ

 

グリップジョイントシステムのこだわりの外観が全く見受けられない、ヒトトキワークスとしては意図しない使用方法ですが、使用方法はアイデア次第で十人十色な点がロッドビルディングのまた良いところだと思います。

 

 

フロントグリップ部分

 

フジグリップは太い形状に対し「グリップジョイントシステム」は細身で見た目のバランスが悪くなるために、グリップジョイントシステムにグリップを被せてバランスを良くしてあります。

 

 

アルミパーツも上下に挟み、個性的なデザインです!

 

 

リールシートはホームセンターで買った錆塗料で手軽にアレンジ

 

リールシートは樹脂のままのグレーだと味気ないため、遊び心ある錆塗装に!

 

 

エアブラシなどの設備がなくても出来るホームセンターで買った錆塗料で仕上げたとのことです。

 

写真左側の塗料ですかね。

 

 

手軽に塗装できて面白い塗装に仕上がるので、これはいいですね!

 

 

グリップ部分もホームセンターで売っている丸材を塗装

 

ホームセンターで売っている丸材を手の形状に合わせて削り、渋めのグリーンで塗装しニスで仕上げています。

 

安っぽい木材もひと手間加えるだけで、なかなかいい感じになっていますね!

 

 

 

エンドグリップはタッピングビスがアクセントに!

 

エンドパーツはアルミ?のパーツを使用して恐らく木材にビス打ちして固定した感じですかね。

 

これも個性があって個人的には好みです 笑

 

エンドグリップ

 

アイデア溢れるグリップで、非常に面白いものを見せてもらいました!

 

「早くグリップ使って釣り行きたい!」状態になってしまったようですが、もう少し我慢ですね ^_^;

 

▼グリップジョイントシステムの詳しいページはこちら

 

 

ヒトトキワークスのグリップキットも大好評販売中

 

ヒトトキワークスでは、誰でも1時間で製作可能なグリップキットを販売しています。

 

この外出自粛の影響でベイトタイプは初回生産分完売となり、予約注文に切り替えさせていただきましたが近日中に入荷する予定です!

 

外出自粛中は是非ロッドビルディングでリフレッシュしてください!

 

ウッドリールシートを使用したトラウトグリップの製作方法

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集