カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

オリジナルカラーの渓流ルアー開発プロジェクトが始動!

ヒトトキワークスの上村(カミムラ)です!

 

ヒトトキワークスではトラウトロッドの製作を中心に行っていますが、実はヒトトキワークス初のオリジナルカラーのルアー製作を進めており、今回はその開発の様子をご紹介します。

 

 

 

普段メインで使用している渓流用ルアー

渓流ルアーフィッシングに出かける際、ロッドやハンドルは当店で製作したこだわりの道具で釣りができていますが、そのロッドとハンドルに組み合わせるルアーは量産ルアーを主に使用していました。

 

トラウトハンドル用のバールウッド

 

メインで使用しているルアーはダイワのシルバークリークミノーがコスパも見た目も大好きで完全にパイロットルアーになってます。

 

 

使用するトラウトルアーもこだわったものを使いたい

 

量産型ミノーも良いんですが、ここまでこだわったモノづくりをしているんだからルアーもこだわったもので釣りしたい!

 

こだわりのルアーでトラウトを釣ってみたい・・・

 

こだわりのルアーで釣って一緒に写真に収めたい・・・

 

そんな妄想状態に陥り、自分好みのハンドメイドルアーを探すことに。

 

見れば見るほど日本のハンドメイドルアーはアイデア溢れるデザインと、綺麗な仕上げクオリティで本当に美しい造形美です。

 

樹屋万水トラウト用ハンドメイドルアー

樹屋万水さんのハンドメイドルアー

 

 

同じモノづくりをする身としてはかなり刺激になりますね。

 

 

渓流のハンドメイドルアーもオリジナルのものを作りたい

 

個人的なお買い物目的で色々と探していましたが、「どうせならオリジナルデザインで作ったら面白そう!」

 

という結論に至りました。笑

 

ヒトトキワークスのロゴはパイプを咥えたちょい悪トラウトのデザインで、実はこのロゴをモチーフにしたルアーを行く行くは作って販売したいなぁと考えていたこともありまして、今回の妄想が膨らんだことがいいきっかけに繋がりました。

 

 

 

↑ヒトトキワークスのちょい悪トラウトをモチーフにしたロゴ

 

 

こんなに早くオリジナルカラーのルアーを作るとは思いませんでしたが、自分好みであるハンドメイドルアーメーカーさんに早速ご相談をすることに。

 

 

長野県でハンドメイドルアーを手掛ける樹屋万水さんへ

 

自分の思い描いているイメージを下手くそなイラストを描いて樹屋万水さんのルアービルダー飯森さんへ伝え、飯森さんのセンスによって形にしていただきます。

 

ハンドメイドルアーイラスト

 

 

渓流ミノーのデザインを考える

 

まずは、ルアーで大事となるデザインをどうするか?

 

こだわりたい部分は、3つありました。

 

1つ目 前から考えていたヒトトキワークスのロゴをイメージした顔にしたい

 

2つ目 ボディを囲む部分にブラックのグラデーションを入れたい

 

3つ目 ラインナップするメインカラーはチャートとレッドのグラデーションに

 

2つ目のこだわりポイントである「ボディを囲む部分をブラックのグラデーションを入れる」点については、単純にデザインが好みという点が大きいですが、個人的にはシルエットが小さく見えバイト率が向上すると思い込んでいます。笑

 

ダイワシルバークリークミノー

出展:ダイワ シルバークリークミノー

 

 

ヒトトキワークスのリールシートのカスタム塗装にもブラックで囲む塗装方法を採用しており、ヒトトキワークスらしいデザインによりなるかと思います。

 

 

 

3つ目のこだわりポイントであるボディのメインカラーをチャートとレッドのグラデーションにしたい部分は完全に好みです。

 

チャートはアングラーからも見やすく、渓流ルアーらしくサイトフィッシングを思いっきり楽しめるところが大好きです!

 

シルバークリークミノー44

出展:ダイワ シルバークリークミノー

 

 

レッドは、トラウトアングラーは秋の婚姻色をイメージする色でこちらも好きな方は多いはず。

 

ルアーボックスに1個は入れておくだけで、ルアーボックスの中が映える彩りにもなりますね。

 

樹屋万水秋鱒カラー

樹屋万水さんのハンドメイドルアー

 

 

もう1パターンのカラーも追加する予定ですので是非お楽しみに!

 

 

 

渓流ミノーの顔をデザインする

全体的なイメージを共有し、まず取り掛かったのが顔のデザインです。

 

一番のこだわりポイントでもあるヒトトキワークスのロゴをモチーフにしたい!という部分は、ビルダー飯森さんのセンスにより期待を上回るデザインにしていただきました。

 

渓流ハンドメイドルアーの顔

 

目はヒトトキワークスのロゴそのままの怒りん坊な目つきに、ロゴの特徴でもあるパイプを咥えるデザインを取り入れました。

 

めちゃくちゃカッコいいデザインになりました!!

 

血の気が多いトラウトは、威嚇バイトをしてくるはずです 笑

 

 

左右非対称のルアーデザインに

片方のデザインは、ヒトトキワークスのロゴの特徴でもある「パイプ」を取り入れたデザインにしていますが、もう片方のデザインは樹屋万水さんのルアーの特徴でもある「ハート」を取り入れた左右非対称の顔デザインに決定しました!

 

左右非対称のルアーデザイン

 

こういう遊び心のあるデザインは大好きです!!

 

こういった柔軟なことができるのも、ハンドメイドルアーだからこそできる部分ですね。

 

 

トラウトミノーのボディ削り出しへ

 

樹屋万水さんのベースとなったミノーの紹介は後日のブログで紹介させていただきたいと思いますが、顔のデザインが決定したら早速ボディを成型へ。

 

あっという間にアルミ貼り工程まで終わって塗装前の状態に。

 

 

 

今回はここまでです。

 

次回は塗装後のルアーをお見せできるかと思いますので、お楽しみにしてください!

 

個人的にもどんなルアーに仕上がるのかが楽しみです!

 

早く使用したいですが、それよりも新型コロナが収束するまで我慢の時ですね。

 

皆さん頑張りましょう!

 

次回ブログはコチラ↓

 

渓流用トラウトルアーのオリジナルカラーが決定!!

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集