カスタムロッド、ロッドビルディングパーツメーカー|Hitotoki Works(ヒトトキワークス) Hitotoki Works(ヒトトキワークス)では、チャンピオングリップを固定するチャッカー【グリップジョイントシステム】を使用したトラウトやバス用などのカスタムハンドル、並継マルチピースのパックロッドやリールシート、グリップなどのロッドビルディングパーツなどの販売を行ってます。

渓流、シーバス兼用の可変式グリップの製作

2019年8月のブログです

 

渓流、シーバス兼用の可変式グリップの製作

 

今回は、ベイトタックルご愛用のシーバスルアーマンからのご依頼です!!

 

渓流のルアーも始めたいが、シーバスでも使えるグリップを作ってくれとのご要望。

 

リールシートは、ACSシートにパープル系のグラデーション塗装。

 

光が当たった時だけ、パープルが浮かび上がるグラデーション塗装です★

 

 

 

 

ベースとなるハンドル部分

 

ベースグリップと、長さの異なる並継仕様のエンドグリップが差込み可能にして、渓流の際はショートハンドル仕様に。

 

シーバスの際は、ミドルハンドルにワンタッチで切り替え可能になります。

 

まずは、ベースグリップを製作。

 

ベースグリップ

 

エンドグリップがなく、差し込み可能な状態となっています。

 

シーバスアングラーらしくEVAのグリップに、ワンポイントでシルバーのリングを挟み込むご依頼内容でした。

 

 

 

渓流用のショートエンドグリップ

短いグリップを差し込めば、渓流仕様に★

 

まだ、エンドパーツはつけていません。

オーナー様と好みの長さの打ち合わせ後に、パイプをカットしてエンドパーツを取付けていきます。

 

 

できるだけショートにしていく予定です。

 

渓流では遠投性能は必要なく、取り回しの良さが重要ですからね。

 

 

 

 

シーバス用のミドルエンドグリップ

シーバス狙いの場合には、少し長めのグリップを差し込んで、対応できるようにセッティングしていきます。

 

シーバスだけでなく、バスや本流トラウト、ロックフィッシュなど様々なターゲットに対応する一般的な長さです。

 

色んなターゲットを狙ってこそ、この可変式グリップの本領が発揮されます。

 

こちらのグリップもお好みの長さの打ち合わせが完了したら、エンドパーツを取付けていきます。

 

 

 

 

フロントグリップとフードナットのデザイン

ヒトトキワークスのジョイントシステム搭載なので、シーバスロッドのブランクも、渓流ロッドのブランクも瞬時に差し替え可能です。

 

 

この組み合わせによりロッドに合わせてグリップの長さも変えられる、世界でただ一つのロッドシステムに!!

 

装飾系のアルミパーツも、ヒトトキワークスオリジナルのアルミパーツ。

 

かなりかっこいいデザインにまとまりました。

 

ACSリールシートにスケルトンシート用のフードを組み合わせましたがリールによってはがたつきが生じますのでご注意を!

 

今回はこの組み合わせを希望され、実際使用するリールとの相性を確認しての取り付けとなります。

 

 

 

 

釣果写真を頂きました

早速、お客様より釣果写真を頂きました。

 

可変式ロッド

 

 

カルカッタコンクエストにピッタリなデザインで、ご満足いただくことができました。

 

次回はシーバスにチャレンジするとの意気込み!!

 

是非、たくさんの魚を釣っちゃってください!

 

 

 

カスタムペイントを施したリールシートの動画

少しわかりずらいですが、カスタムペイントを施したリールシートの動画です。

 

 

関連情報

コメントは受け付けていません。

特集